糖尿病の種類とその治療法について│よくある低血糖症状とは

病院

近年急増するがん

女性

乳がんは近年急増しているがんです。その背景には生活習慣の変化があります。性ホルモンのエストロゲンが強い影響をあたえるため、月経や出産と乳がんのリスクは深いかかわりがあります。予防のためには禁煙して肥満を避け、定期的な運動をすることです。月に1度の自己検診で早期発見が可能です。

読んでみよう

薬などで解決していく

女性

糖尿病とは、血液中の血糖値が高くなる病態を指します。いま糖尿病の患者やその予備軍は増加傾向にあると言われています。一度発症したら完治しないという特徴があります。しかしながら糖尿病になっても血糖値を正常値に保つことで、コントロールすることが可能な病気でもあります。また糖尿病には1型と2型と2つのタイプがあります。1型の特徴としては、膵臓でインスリンがほとんど作られないことが挙げられます。だからインスリン注射をしなければなりません。また若いうちに発症しやすいという特徴もあります。糖尿病患者のうち、1型は10人に1人も満たないと言われています。一方2型の場合は、インスリンの分泌量が十分でないか、分泌されてもその働きが悪くなることで起きるとされています。治療には適切な運動療法・食事療法、薬の投与が必要となります。

糖尿病になると必要に応じて、薬を使った治療が必要となります。薬には飲み薬やインスリン注射、更にはGLP-1作動作用がある注射薬などがあります。また糖尿病の薬にはインスリンの作用不足を改善させて、血糖値を下げる働きあります。また薬を飲んでいると、場合によっては低血糖症状が起きる可能性もあります。低血糖症状には、強い空腹感や動悸がする、冷や汗や手が震えるなどの症状、めまいや立ちくらみがあるなどが挙げられます。そして低血糖症状が現れた場合、ブドウ糖などの糖分を摂取します。ブドウ糖がない場合は、砂糖や糖質の入った清涼飲料水を携帯しておくと良いでしょう。但しα-グルコシダーゼ阻害薬を使っている人は、砂糖でなくブドウ糖を使う必要があります。

健康診断を受けましょう

看護師

海外渡航を行う方は、出国前や帰国後に内科で健康診断を受けるようにしましょう。城東区の内科では感染症をはじめ内臓疾患などの健康診断を多角的な見地から総合的に行っています。検査結果は医師が分かりやすく患者に説明する方針を取っているので、検査結果を詳しく理解することができます。

読んでみよう

腎臓の働きが低下したとき

医者

腎不全になると、多くの場合透析などの治療が必要不可欠になってきます。世田谷区にはクリニックがいくつもあるので、症状の緩和や改善のため治療を受けましょう。いまは24時間対応しているクリニックなども増えています。

読んでみよう